アルゼンチン - LCCの可能性を探る

2017/08/28 1:00:00 / by OAG

近年の航空業界の発展の中で、南米の南部地方は苦い歴史があります。急速に成長を遂げた運行ルートがある一方で、この地方の景気は後退し、設備や人員の余剰化が生まれたためルートが削減されました。これにより、世界の別の地域のような成功を遂げられなかったことに、不満が生まれていたのです。

ノルウェジアン・エアは、ノルウェジアン・エア・アルゼンチンを設立するという発表に続き、ロンドン・ガトウィック空港に週4回の運行サービスを開始することを発表しました。この2つの発表や、その他、南米版LCCをアルゼンチンで設立する事への関心を示す発表などから、世界中の航空業界が、この市場に関心を高めていることが分かります。しかし、なぜこれほどの関心を集めているのでしょうか?

現在、アルゼンチン発着の国際便、およびアルゼンチン国内の全ての運行サービスの中で、LCCの割合は3%にも満たない数字です。更に分かりやすく比べてみると、LCCが運航を開始するには様々なハードルを抱える中国(9%)などの市場よりも、この国のLCCの運行率は少ないのです。ブラジルは、アルゼンチンにとって最大かつ最も近い市場です。この国の定期運行便の3/558%)近くが、LCCによるものです。

通常、LCCによる運行の開始は、既に確立された利用者の多いルートにおいて、競合の中で行われます。下表は上位10ルートです。

表1  - 2017年のアルゼンチン発の市場(上位10位まで)

blog-jp.jpg

これらトップ10の都市ペアのうち、9ペアが国内便です。また、全てブエノスアイレスを利用しています。利用者数を50%増加させるという、アルゼンチン政府の意欲的な目的がここに実現可能でしょう。同様に運行を開始した市場の多くは、わずか1年間で30%以上もの利用者の増加が見られた一方、余剰設備の発生や競合などにより、平均運賃が低下しました。

しかし、それでも、LCCは、南米の南部地域において、国内・地域の市場を超えて、拡大しつつあります。近ごろ開始となったLCCの長距離便や、インターナショナル・エアラインズ・グループおよびエールフランスの主要グループの子会社としてのキャリアの急速な発展は、アルゼンチンへの新サービスを提供します。既に確立しているバルセロナからブエノスアイレスへの週3回の運行は、この航空会社の発展において興味深いものと言えるでしょう。この2都市間のマーケットは、2016年では、わずか11万座席を超える予約(双方向)のみでした。ブエノスアイレス発の長距離運航便の都市ペアの中で、この2都市のペアは、トップ20にわずかに入っていません。

ノルウェジアン・エア・アルゼンチンの設立と、ロンドンへの運行に関する発表は、アルゼンチンという国が、ネットワークを強く求めるLCCにとって、より幅広い戦略的機会の可能性があることを示しています。ノルウェジアンは「衛星キャリア」の立ち上げの経験を活かして、ブエノスアイレスの南米路線と長距離路線とを組み合わせて、より大きなネットワークの可能性を認識するのではないでしょうか。この航空会社の当初の計画によると、運行はB737-80010機を用い、ロンドンからの週4回の運行による国際線と、国内線の組み合わせとなっています。今回の運行の成功によっては、ノルウェジアンの更なる長距離線の拡大の可能性があります。このような新レベルのサービスは競合を生み出す可能性もありますが、例えば、フォートローダーデール・ハリウッド国際空港や、オーランド国際空港、ロサンゼルス国際空港、パリ国際空港と、バルセロナとを結ぶマーケットが可能でしょう。更に、オーストラリアとの接続について既に議論されており、ノルウェジアンは、真にグローバルな初のLCC航空会社となるでしょう。

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...