Emissions_Data_Icon

排出量データ

航空会社の二酸化炭素排出量と燃料消費量のデータは、エコシステム全体で様々な形で活用されています。例えば、フライトの予約に際して、乗客が十分な情報を得た上で旅行を選択できるようにする、カーボンオフセットの選択肢を知らせる、ESG報告、持続可能な燃料戦略の開発、燃料効率と運航実績の改善などが挙げられます。

OAG Labs(OAGにおけるデータサイエンス専門チーム)は、航空スケジュールと過去のフライトの燃料消費量と炭素排出量をトン当たり、フライト毎、フライトステージ毎、座席毎に分析・算出するモデルを作成しました。

概要

対象範囲

世界全国

エアライン750社以上

データソース

OAG

EASA

データの種類

燃料消費量(トン、フライト、フライト
ステージ、座席ごと)

炭素排出量(トン、フライト、フライト
ステージ、座席ごと)

データの期間

2019年のフライト実績

1年先までの定期便 (サンプルデータのみ)

データ項目

フライト(便)

路線

航空機材

データ配信方法

Flight Info Direct

Powered by

クラウドベースのプラットフォームに、「メティス」という呼名をつけました。

OAG独自のデータをブレンドしたこのプラットフォームは、複数のソースに一括でアクセスできるようになっており、これまでより格段に便利に、そして早く、データへのアクセスが可能となりました。

API

API製品は、スケジュールと運航状況がひとつのプラットフォームから取得できるようになりました。座席数等の特典データも揃っており、同じデータベースに集めてあるため、一括でアクセスいただけます。

詳細はこちら

Alerts

アラート製品では運航状況やスケジュールの変更をほぼリアルタイムで更新し、お客様にお知らせいたします。

詳細はこちら

Direct

ダイレクト製品は、お客様にOAGのデータベースに直接アクセスしていただくことにより、リアルタイムのデータをご提供いたします。

詳細はこちら

排出量データによるビジネス上のメリット

予約の際の判断基準

利用者が、フライトの詳細な情報を得た上で予約を取り、より環境に優しい旅行を選択してもらうことに役立ちます。

ESGレポート

気候関連の財務情報の開示が急増する中、投資家はフライトデータの専門家が構築した排出量モデルを用いて、気候変動リスクが航空会社の評価に与える影響を容易に分析することができます。

カーボン・オフセット

他社との差別化を図りたい旅行会社や、社員の出張に利用するフライトの排出量を削減したい企業など、持続可能な旅行戦略の立案や情報提供をサポートします。

燃料消費量と運用の効率化

航空会社にとって、代替データや新しいデータセットを使用することで、自社の機材(地上および飛行中)の動きを最適化するために重要な改善点を特定することができます。

Metis製品の詳細について

Metis製品の詳細をご希望の方は、お手数ですが、右のフォームをご記入いただき、送信してください。当社の担当者が折り返しご連絡いたします。

また、製品の無料トライアルも実施していますのでご希望の方はフォームにてお問合せください。