Landing Page Hero Image_Insights 1250x400

 

特集レポート

PUNCTUALITY LEAGUE 2020

このレポートでは、世界の航空会社と空港の定時運航率総合ランキングがご覧いただけます。

航空総座席数に地域的な回復傾向も

2020/03/30 15:51:18Blog

2021年東京五輪開催に向けて 航空業界は現在、世界中に拡散する新型コロナウイルス(COVID-19)の影響と生き残りをかけて戦っています。10週間のうちに、週...

欧州から米国への渡航制限 - 航空業界への影響

2020/03/13 10:21:50Blog

シェンゲン協定圏からの入国規制が米国の国際航空便の11%に影響 3月11日水曜日、米国はシェンゲン協定内諸国からの旅行者の30日間の入国禁止を発表し、本日3月1...

訪日旅行マーケットの最新動向 2020年2月発行

2020/02/21 8:00:43Blog

  韓国路線の大幅な減少や、コロナウイルス関連で激減している中国路線に悩まされる日本。オリンピックを目前に控え、今後の展開に注目が集まっています。 航空座席数、...

コロナウイルス:中国の航空会社に大打撃

2020/02/19 1:55:37Blog

わずか5週間前まで、中国の国際航空市場は世界第3位でしたが、現在では25位にランクダウンしてしまいました。これはポルトガルよりも若干低く、ベトナムを少し上回ると...

コロナウイルスによる影響と航空需要の回復

2020/02/10 3:05:51Blog

混乱の最中には、それが過ぎ去った時のことを考えたり、通常の生活に戻ることを想像することも難しいかもしれません。航空業界、特に中国を襲った今回のコロナウイルス危機...

Punctuality League 2020

2020/01/08 13:57:07Blog

定時性の維持に規模や混雑度は影響なし? OAGの発行する年刊Punctuality League(定時運航率ランキング)は、世界中のあらゆる規模の航空会社と空港...

遅延の定義とは

2019/12/19 8:38:47Blog

航空会社のオンタイム・パフォーマンス:15分は適切な基準か どれぐらいの時間から、フライトに遅延が生じたといえるのでしょうか?遅延とは、誰が決めるものなのでしょ...

メガハブ2019

2019/12/05 7:00:51Blog

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)が、OAGのメガハブ接続指数において、3年連続世界で最も国際的に接続された空港としての地位を維持。

航空業界の冬季はそれほど暗くないかも?

2019/11/12 4:54:40Blog

供給席数成長率ランキングの変化が示唆 日が暮れるのが早くなり、気温が下がり、冬時間に時計を合わせ直すこの時期、航空業界も今週末、国際航空運送協会(IATA)20...

ラグビーワールドカップ日本大会:ファンもポジションにつき準備は万端!

2019/09/25 8:08:41Blog

ラグビーワールドカップ(RWC)の開幕を日本各地のトレーニングキャンプで待つ20カ国の代表チームは、大会前の緊張を感じていることでしょう。選手らは皆こうした緊張...

貿易対立で旅行業界に影響広がる:日韓の運航便数が激減

2019/09/13 14:30:21Blog

航空業界がしばしば経済活動を刺激し、直行便の就航が商業分野の活性化に繋がることがあることは知られていますが、国と国の関係に突然変化が生じた場合、その影響は劇的な...

訪日旅行マーケットの最新動向 2019年7月発行

2019/09/10 10:52:38Blog

  訪日外国人観光客誘致と消費額拡大に向けて取り組む日本。 航空座席数、宿泊状況、入国流動などのファクターを把握し、合理的に進めていく必要性に迫られています。

ロボットより人間:空港では人による分かりやすいサービスを望む旅行者

2019/09/04 14:21:52Blog

今日の旅行者を喜ばせ、収入を増やす最良の方法を知ると驚くかもしれません。旅行業界が投資対象のハイテクの検証を続ける一方で、より簡単かつ手ごろに摩擦を軽減し、旅行...

Punctuality League 2019|課題増加にも拘らず世界的に改善

2019/03/01 2:00:00Blog

OAGによる2018年最新版オンタイム・パフォーマンスの結果が発表されました。これは、世界中の航空会社や空港にとって、ますます重要なマーケティング・メッセージに...

ベイエリアの戦い

2019/01/29 10:09:48Blog

中国南部「Greater Bay Area」における空港間の競争が激しさを増しています。ここは6空港がそれぞれ150km以内の距離にあり、このエリアを構成する1...

ジャパンツーリズムの挑戦-成功を目指して

2018/11/14 10:04:10Blog

数年で訪問者を約900万人増やすというのは、特に日本のような成熟した市場においては非常に野心的な目標です。

ロンドンヒースローが、国際メガハブ空港ランキングで首位に

2018/10/26 9:25:42Blog

OAGの「メガハブ国際指標2018」によると、国際線乗継が世界で最も多い空港は、今年もロンドンヒースロー空港となりました。この「乗継指標」は、その空港に乗り入れ...

10億ドルのルート

2018/08/22 9:00:00Blog

距離・時間・キャパシティは、航空業界におけるTop 10決定基準の一部に過ぎません。他にも基準対象は数多くあります。例えば、収益のTop 10。あまり頻繁に共有...

世界の利用最多ルートTOP20

2018/08/20 11:28:19Blog

世界の利用数TOP20の国際線には、1日平均35便以上の定期便が就航しています。利用数最多ルートとなった、クアラルンプール - シンガポール間は、1日の就航数が...

空港における遅延回復- 到着から出発まで

2018/03/20 9:49:21Blog

航空会社における航空機のターンアラウンド時間がわずか25分というと、誰もがすごいと思うでしょう。しかし、ひとたびフライトに問題や遅延が発生すると、航空会社と空港...

優秀な結果がここに - パンクチュアリティ・リーグ2018

2018/01/30 0:00:00Blog

新年を迎えるこの時期は毎年「変化」と「不変」を映し出す時期でもあります。2017年から2018年、数字が1つ増えただけの様に感じられますが、世界中が目まぐるしく...

OAGメガハブ指標2017がリリースされました!

2017/10/09 10:06:00Blog

今年、メガハブ空港シリーズ2017年版は、国際線乗継数が世界最多の空港に注目しています。アジアパシフィックから16空港、北米からは15空港、ヨーロッパ、中東、ア...

アルゼンチン - LCCの可能性を探る

2017/08/28 1:00:00Blog

近年の航空業界の発展の中で、南米の南部地方は苦い歴史があります。急速に成長を遂げた運行ルートがある一方で、この地方の景気は後退し、設備や人員の余剰化が生まれたた...

バンコク: 観光産業のハブ空港

2017/07/15 1:00:00Blog

バンコクのスワンナプーム国際空港(BKK)のハブ空港としての特徴は、タイの観光マーケ ットへのトラフィックを推進するための、国際航空のハブとしての強みの活かし方...

クアラルンプール: 格安航空の先駆け

2017/07/14 1:00:00Blog

クアラルンプール国際空港(KUL)は、エアアジアが格安航空会社のハブ運営に成功したことで、革新的な空港として注目を集めています。

羽田:躍動する日本の心臓

2017/07/13 1:00:00Blog

香港は世界の、特に中国への旅行を希望する人々にとって中継地点としての役割を果た し、シンガポールは東南アジアの地域拠点として発展していますが、羽田での乗継の様相...

シンガポール:地域密着型空港

2017/07/12 1:00:00Blog

引き続きアジアのハブ空港乗継性を検討していきます。次は香港に次いでアジアで2番目に大きい定期航空路線 のハブ空港、シンガポール・チャンギ空港を見てみまし ょう。...

香港:象徴的な国際ハブ空港

2017/07/10 1:00:00Blog

世界有数の交易中心地のひとつとして、香港は常に取引相手となるあらゆる場所とつながって繁栄してきました。観光業と貿易は密接に関係しているので、香港の成功は常に世界...

ルワンダ: 次のアフリカハブ空港に向けて勇敢なビジネス

2017/05/25 10:11:48Blog

ルワンダ航空(Rwandair Express)のA330機の運航により、ルワンダの首都キガリ(Kigali)からロンドンまで週4便、初めての直行便が5月下旬に...

米国 – キューバ: 収容力の増加がピークを迎える

2017/05/22 1:00:00Blog

オバマ前大統領が最後に取り組んだ重要な政策の一つが、キューバとの国交正常化であり、もちろん米国とキューバを結ぶ定期便の再開でした。新たな市場機会が多く作られ、新...

3びきのくま(ゴルディロックス )とオンタイム・パフォーマンス

2017/05/19 1:00:00Blog

空港や空域がさらに混雑するにつれて、オペレーションの運営方法は、単に十分であるから、アウトスタンディング(優秀)へとますます位置付けられるでしょう。オンタイム・...

航空会社の中で世界最大はどこでしょうか?

2017/04/21 12:23:13Blog

世界最大の航空会社はどこでしょうか?またそれは何を基準にしているのでしょうか?これは、コマーシャルエアサービスが始まって以来発展した議論です。

定めた目標を追及 – インド-英国エアサービス直行便のチャンス

2017/03/16 14:05:00Blog

数週間前、インドと英国は航空協定の緩和を発表しましたが、国際貿易に重要な英国の欧州連合(EU)離脱を助長するために、その緩和が英国にとって必要であることは驚くべ...

日本の宝石:航空業界でポテンシャルのある沖縄を探る

2017/03/03 8:00:00Blog

沖縄の綿密なデータ分析に専念するスカイスキャナー(Skyscanner )と当社が、初めて共同したシリーズです。スカイスキャナーが今年1月に発表した記事では、5...

アメリカン・ウェイ: 遠距離恋愛

2017/03/01 17:00:00Blog

大陸を横断する関係は簡単ではありません。これは航空会社にとっても人の場合と同様に、地理的な問題、タイムゾーン、文化的な事が大損害を与えます。しかし世界中に広がる...

アメリカン・ウェイ: 安いデート

2017/02/28 17:00:00Blog

もし超低価格をしのぐことが出来なければ、それに加わればいいのです。またはそうしたモットーが当てはまります。旅客者のタイプが個々にわかれるのは当然だと航空業界は考...

アメリカン・ウェイ: 愛のささやき

2017/02/27 15:00:00Blog

奮闘した合併期間を経て、現在米国には3つのグローバルな航空会社が存在します。これらの3社の航空会社の間でのさらなる統合については、今後規制当局の承認を得る必要は...

アメリカン・ウェイ: 奉仕活動

2017/02/24 16:00:00Blog

近年の合併により、世界最大の米国航空会社は3社です。デルタ航空は成功しているように思われますが、大手2社の航空会社による合併において、有益で強力な航空会社を作り...

アメリカン・ウェイ: 7年間どんな期待をするのか?

2017/02/23 17:01:13Blog

デルタ航空とノースウェスト航空が合併し、経営統合が完了してから7年になります。2010年1月からノースウェスト航空便はデルタ航空便となり運航を開始しました。 7...

爆買いが止まらない

2017/01/30 16:00:00Blog

ショッピングが好きで、日本製品を強く望む海外の旅行者が増加しているのは確かであり、日本を訪れる中国人の数は、2014年には240万人から2015年には500万人...

日本国内 – やはりJALとANA次第である

2017/01/27 16:00:00Blog

格安航空会社の国内線ルートの成長が横ばいである一方で、国際線ルートの成長率が最大であることを注目しました。今日は、全体的な国内市場 のダイナミックな動きを見ます...

ついに日本の格安航空会社が注目される

2017/01/26 16:00:00Blog

日本に格安航空会社(LCC)が参入してからここ何年も経っていますが、例えば マレーシア、ブラジル、そして英国などで起こった市場崩壊はありませんでした。ついに新規...

羽田ストーリー

2017/01/25 15:00:00Blog

昨日のブログで書いたように、日本最大の空港である東京の羽田空港 (HND)が、フライトに関してはハイレベルなオンタイム・パフォーマンスの運航を成し遂げました。2...

オンタイム・パフォーマンス – 日本はどうやって成し遂げたか

2017/01/24 15:41:15Blog

当社は長年にわたりオンタイム・パフォーマンスを調査してきましたが、日本の空港のパフォーマンスは素晴らしいです。

OAGの空港と航空会社を対象とした2016年 定時運航率ランキング(Punctuality League 2016)の受賞を発表

2017/01/10 12:20:28Blog

OAGのここ本社では、新年を迎えお祝いムードに包まれた雰囲気が終わり、年間の定時運航率ランキングのトップに新たな名前が上がったことを大変うれしく思っています。今...