アメリカン・ウェイ: 奉仕活動

2017/02/24 16:00:00 / by OAG

近年の合併により、世界最大の米国航空会社は3社です。デルタ航空は成功しているように思われますが、大手2社の航空会社による合併において、有益で強力な航空会社を作り上げるには時間がかかります。

2-1.png

つい最近では アメリカン航空とUSエアウェイズの吸収合併で、2016年からアメリカン航空で運航しています。一方で、コンチネンタル航空とユナイテッド航空が合併してから5年ですが、飛行機の尾にはコンチネンタルのロゴマーク、胴体にユナイテッドの社名で飛んでいます。幸福な結婚生活のように、両社がお互いに歩み寄っていますが、まだ航空会社の合併が本当はどのようなものかという疑問が残ります。  

 

引き続く労働問題、売上目標の失敗、役員の変更などが原因でユナイテッド航空は、目算を立てましたが達成していないように思われます。2016年後半、ユナイテッド航空は事業を一変させるため多くの対策を発表しました。そして最終的に赤字を削減し、見通しを立てた計画を実行しました。

しかしながらユナイテッド航空は、どうにか有効座席マイル(ASM)当たりのコストを下げました。そして現在、大手3社の航空会社であるデルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空の、有効座席マイル(ASM)当たりコストは、およそ14.3から14.4米セントです。

2-2.png3社の航空会社の中で最大のアメリカン航空は、2016年コストに関して全く進展はありませんが、有効座席マイル(ASM)につき旅客収入が、2014年から2016年にかけての合併の期間大幅に減少しました。

2-3.png

ここに日アメリカン・ウェイ: 航空会社の成功

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

data-changing-flight-planning-image-2

HOW AND WHEN WILL AVIATION RECOVER FROM COVID-19?

Find out more

data-powering-airports-image-2

LISTEN TO OUR LATEST on air AVIATION PODCAST

Find out more

data-driving-traveltech-image-2

HOW AIRLINES MANAGED SCHEDULES DURING COVID-19

Find out more