<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1763249257255837&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ディスプレイ&マッピング

リアルタイムのフライト追跡情報および気象情報を機能的な
地図に表示し、フライト情報表示システムやウェブ/モバイル
コンテンツの品質を向上

フライト情報表示システム(FIDS)やトラベルテックのための フライト追跡情報とルートマップ

フライト情報表示システム(FIDS)により、フライト情報を可視化し、お客様にとって簡単で利用しやすい方法で、最新のフライト状況を把握していただくことが可能です。ビジネスにおいては、オンラインマッピングにより、貴社の路線網の規模や、目的地空港としての地位を提示することができます。

blank block乗客には「一目でわかる」リアルタイムの気象情報やフライト情報をさまざまなデバイスに提供可能で、渡航のあらゆる段階で顧客の体験を充実させ、カスタマーサービスの質を向上させます。OAGの信頼性の高い、航空会社のスケジュール・ データベースとデータインフラストラクチャを基盤とし、渡航者が希望する詳細情報、必要とする安心を提供します。

ルートマッパー

ルートマッパー

インタラクティブで簡単に取込み可能な地図で、運航ルートや乗継情報を表示

航空会社や空港の就航路線網に関する情報に、視覚的効果が高い方法で顧客がアクセスできるようにすることで、貴社のオンライン上での影響力を最大化します。地図上に分かりやすく路線網を表示することで、貴空港の就航路線網の強みや乗継の利便性をアピールすることができます。観光名所や文化・商業の中心地を地図にオーバーレイ表示し、注目すべき魅力的な目的地であることを伝えることも可能です。

エアトラフィック・ライブ

エアトラフィック・ライブ

空港における現在の発着便の詳細を分かりやすい高解像度の地図に表示

現在の空の混雑状況や、特定のフライトが着陸まであとどれくらいかを表示することができ、気象情報をオーバーレイ表示するオプションもあります。こうした詳細情報により、渡航者や送迎者の方がリアルタイムで的確に行動を判断することが可能になります。

ウェザー・ライブ

ウェザー・ライブ

渡航者が各空港の状況を把握することを可能にする気象マッピングツール

国または地域の地図に、気象レーダー画像を重ねてループ再生することができます。このユーザーフレンドリーな地図では、再生間隔などの設定が変更可能です。エアトラフィック・ライブと組み合わせてフライトステータス情報も表示させることで、天候がフライトに及ぼす連鎖的な影響を分かりやすくユーザーに示すことも可能です。

フライト・イン・サイト

フライト・イン・サイト

空港のモニターで、「私の乗る飛行機は今どこにいるの?」 の質問の答えが一目で分かる

飛行位置情報フィードとレーダー情報で、航空便の位置と機首方位についての確実な情報を入手可能です。世界中からのADSBフィードと、北米からの米国連邦航空局(FAA)のASDIフィードにより、空港や航空会社職員が変化する情報をより簡単に拡散することが可能です。

空港の遅延情報

空港の遅延情報(米国のみ)

全国または地域の空港の現在の運航状況を表示

渡航者が遅延や欠航を考慮に入れて計画を立てられるよう、全国または地域の空港の現在の遅延状況を表示します。ユーザーフレンドリーな地図に4時間の気象レーダー画像を重ねて表示し、ループ再生することで、目的地での天候関連の遅延の原因を理解するのに役立てていただけます。

フライト情報表示システム

フライト情報表示システム(FIDS)

最新の発着便情報を表示し、遅延が発生した場合は速やかに渡航者に情報を提供

FIDSは渡航日の1日の流れのなかで中心的役割を果たすツールの一つです。当社のFIDSディスプレイは、チケットカウンターから手荷物受取所、ホテルのロビー、カンファレンス会場まで、渡航者が必要とするあらゆる場所に設置可能です。フライト情報は、ディスプレイ全体にお使いいただくことも、こちらの例のようにサードパーティのコンテンツと組み合わせていただくことも可能です。

問合わせる