Punctuality League 2019|課題増加にも拘らず世界的に改善

2019/03/01 2:00:00 / by OAG

OAGによる2018年最新版オンタイム・パフォーマンスの結果が発表されました。これは、世界中の航空会社や空港にとって、ますます重要なマーケティング・メッセージになっています。12月25日の特別便を含め、5,800万便のトラッキングによるこのオンタイム・パフォーマンスは、多くの航空会社が、より広い範囲で商業的成功に繋げています。

2018年に最も定時運航率が高かった航空会社第1位はコパ航空で、2位にエアバルティック、3位に香港航空が続きました。3社の市場は全く異なりますが、共通していえることは、この数年間、オンタイム・パフォーマンスを主要業績指標として重点を置いてきたということです。空港に関しては、初ランクインとなるミンスクが首位を獲得し、パナマシティが2位、大阪が3位となりました。

メガ航空会社部門は必然的に多くの注目を集めます。この部門で傑出していたのはLATAM航空グループに続き、日本の2大航空会社、全日空と日本航空でした。ラテンアメリカの多くの異なる国で複雑な運営を行っているLATAM航空においては、特に素晴らしい結果となりました。

前年度レポートで触れた主な課題には改善が見られました。特に中国のローカル3大航空会社が前年同期比で大幅に向上したことが印象的です。一方で、ストライキや天候といった外的要因が、ヨーロッパの一部の航空会社には明らかな影響を与えました。

2019年、すべての市場で、既にキャパシティの成長が見られています。様々なインフラ絡みの圧力が増える中、オンタイム・パフォーマンスを維持するための課題も増していくでしょう。航空会社と空港は、直面する課題に立ち向かい、現在のパフォーマンス水準を維持することに尽力することは間違いないでしょう。

パンクチュアリティ・リーグ2019の結果はこちらからご覧ください。

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...