遅延の定義とは

2019/12/19 8:38:47 / by OAG

航空会社のオンタイム・パフォーマンス:15分は適切な基準か

どれぐらいの時間から、フライトに遅延が生じたといえるのでしょうか?遅延とは、誰が決めるものなのでしょうか?旅客、航空会社、空港、サービス事業者にとって、「遅延」の考え方は異なるものでしょうか?

遅延を定義する基準として「15分」が長きにわたって用いられてきました。しかし、特定の統治機関が定めた業界標準でもないこの基準が用いられたきっかけとは、何だったのでしょうか?

このレポート内では、当社は15分が適切な基準かどうか、もしそうでなければ、適切な基準とは何なのかについて注目しています。OTPや乗継において、フライトスケジュールが果たす役割とは?短距離便と長距離便の両方で、OTPが同じであるべきでしょうか?

このトピックに関しては、多くの疑問が存在します。当社はそれら全てについて検討し、レポートにまとめました。 

レポートを読む

Topics: Airlines, On-Time Performance

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...