<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1763249257255837&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">
landing-bg-international-1.png

 

OAGメガハブ国際指標2018

世界で最も国際線乗継が多い空港についてのレポートをダウンロード

2018年国際空港の乗継数

「OAGメガハブ国際指標2018」は、世界で乗継が多い上位50の空港を公開しています。これは最終目的地数に対する乗継可能な定期便数の割合が最も高い空港です。

この指標は、空港のルートネットワーク規模を超え、特定の時間枠内における乗継可能便数および定期便利用者から見た乗継地点としての魅力を相対的に測定しました。

レポートをダウンロードして、トップ50空港およびトップ25低コスト空港、その他のレポートをご覧ください。

OAGメガハブ米国指標2018

book-thumbnail international.jpg
global-network.jpg

測定内容は?

  • インバウンド・アウトバウンド間に可能な乗継便の総数
  • 大規模の空港200
  • トップ50国際メガハブ
  • トップ25低コスト国際メガハブ
  • トップ国際メガハブ(地域ごと)

基準は?

  • 空港に発着する国際線のシングル乗継のみ。
  • 「国際線乗継」には、ドメスティック(国内)からインターナショナル(国際)へ、インターナショナルからドメスティックへ、そしてインターナショナル間の乗継が含まれます。
  • 最大サーキュイティは150。
  • OAG例外テーブルを用いた最短乗継時間(MCT)。
  • 乗継の最大時間枠は6時間。

算出方法は?

  • OAG Schedulesデータベースによる「OAGコネクションアナライザー」を用いてコンパイルし、更にOAGの MCT Exceptions Table(最短乗継時間の例外テーブル)」によって強化しています。
Aerial city daytime.jpg

乗継便最多数の国際空港を見る

下記インタラクティブマップ内をクリックして空港の詳細をご覧ください

凡例

 トップ50国際メガハブ

 トップ50国際および低コストメガハブ

green-block トップ25低コストメガハブ

上記のフォームをご記入いただき、世界で最も国際線乗継が多い空港をご覧ください。