欧州から米国への渡航制限 - 航空業界への影響

2020/03/13 10:21:50 / by Becca Rowland

シェンゲン協定圏からの入国規制が米国の国際航空便の11%に影響

3月11日水曜日、米国はシェンゲン協定内諸国からの旅行者の30日間の入国禁止を発表し、本日3月13日(金)に施行されます。

OAGの運航スケジュールによると、この措置により、今後4週間で米国に到着予定の7,000便近くを利用する旅客が影響を受けることになり、これらの便が需要不足のためにキャンセルされた場合、片道200万席近くが市場から消え去ることになります。

シェンゲン協定を結んでいるヨーロッパの26カ国のうち、最も影響を受けるのはドイツ、フランス、オランダで、これらの国々がシェンゲン協定圏と米国を結ぶフライトの57%を占めています。

最も影響を受ける航空会社はデルタ航空とユナイテッド航空で、両社を合わせると、この期間に米国とシェンゲン地域を結ぶ全航空便の31%を運航する予定です。欧州の航空会社で最も影響を受けるのはルフトハンザ航空で、両地域間のフライトの13%を占めています。

全体として、この入国禁止処置は、今後4週間に予定されていた米国内の全国際線の10.9%と、キャパシティ(総座席数)の16.9%に影響を与えることになります。ヨーロッパの航空会社への相対的な影響はやや少なめで、シェンゲン圏諸国からの国際定期便は全体の2.4%、キャパシティの3.9%程度の割合となっています。

 

次の表は、欧州の国別で、航空便に対する影響の割合を表したものです。2020年3月14日からの4週間で、片道6,747便に影響が及びます。

european-countries-most-affected-by-us-schengen-travel-ban

 

次の表は、航空会社別で、影響の度合いを比べてみました。4割以上が米国の航空会社となり、影響の大きさがうかがえます。

airlines-most-affected-by-us-schengen-travel-ban

 

Becca Rowland

Written by Becca Rowland

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...