<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1763249257255837&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

ルワンダ: 次のアフリカハブ空港に向けて勇敢なビジネス

2017/05/25 10:11:48 | By OAG
Rwanda.jpg

ルワンダ航空(Rwandair Express)のA330機の運航により、ルワンダの首都キガリ(Kigali)からロンドンまで週4便、初めての直行便が5月下旬に開始します。このような長期路線セクターを開始した航空会社は、勇敢で大胆なビジネスではありますが、どのくらい早くに市場が発展するかに関わります。

2017年の夏、ムンバイからロンドンまでの運航の収容力が驚くほどに23%も増加し、ヨハネスブルグ、リーブルヴィル(ガボンの首都)、ナイロビ、ラゴス、そしてドバイまでの収容力も著しく増加しました。驚くことに、成長率が最も高いのはルワンダ航空であり、去年に比べて今年の夏には定期便を550便追加し、同社が保有するA330機をさらに増やしました。

国内と航空協定6番目として空の自由な乗り継ぎの機会を提供する、主要な国際的都市までの長距離フライトの両方のコネクティビティにおいて、地理的にキガリは、アフリカ大陸のハブ空港に発展するには完璧な場所に位置しています。陸地に囲まれ、巨大な未開発の地上輸送ネットワーク、向上心のある人口1160万人、経済回復の重要な要素である航空サービス開発は、アフリカではめったに見られません。年間経済成長率は7%を維持しており、国の戦略として、農業が主である低所得国から知識経済によるサービスが発展する国への移行を狙っています。その改革の中心が観光産業であり、これらは改革にとって力強い基礎です。

コネクティビティが、アフリカでは常に問題です。運航数の少なさと小規模市場により、そのような発展を過去に何度も試みて規制上の問題で挫折しました。注目すべき例外は、エチオピア航空で、このような冒険的な事業に最初の始動期間で頻繁に失敗しました。現在3つの長期路線のマーケットサイズ分析は、問題の規模を表しています。すでに運航されているドバイ(DXB)を経由するルートは、経由便を利用する旅行者の3分の1で、2016年に30,000件の予約があり、一方で現在運航されていないロンドン市場は12,000件、ムンバイは4000件の予約です。

rwandablog1.png

念入りにゆっくり時間をかけて建設された、中央アフリカ地域のハブが必要であることは明らかです。もしアフリカのハブ空港が格安航空会社の中心ともなれば、それはさらに素晴らしいです。経済改革の重要な計画に織り込まれると、成功のチャンスが高くなり、おそらくキガリはそのような有力な場所へと発展するかもしれません。

Topics: Industry News

ソーシャルシェアリング

Comments

If you liked this article, please share or add a comment below.

最近の投稿

従ってください OAG

最新版

業界のインサイト、レポート、ニュース

当社の最新情報をいち早くお読みいただけるブログの購読サービスにぜひお申し込みください

OAGの航空産業のエキスパートが執筆するブログの投稿記事からのレポートで、インサイトをご覧いただけます OAGのブログの購読申し込み