OAGのブログ | 業界トップのインサイト、ニュース、コメント

3びきのくま(ゴルディロックス )とオンタイム・パフォーマンス

Written by OAG | 2017/05/19 0:00:00

空港や空域がさらに混雑するにつれて、オペレーションの運営方法は、単に十分であるから、アウトスタンディング(優秀)へとますます位置付けられるでしょう。オンタイム・パフォーマンスは、航空会社や空港にとっては重要な指標ですが、公共を旅行するのに優れたパフォーマンスを表す意味で使用されてはいませんでした。

しかしながら、旅行者はいつもデータに精通しているので、彼らの飛行機がスケジュール通りであるか安心するために見るデータの1つであるのがオンタイム・パフォーマンスであり、空の旅によるストレスを最小限にするためです。データは、どの航空会社の飛行機を利用するか、どの空港でフライトの乗り継ぎするかを選ぶためのファクターです。

ゴルディロックスという小さな女の子が、クマの家で熱くもなく冷たくもない、「ちょうどいい」お粥を食べてしまうおとぎ話のように、航空機利用の過剰要求により乗り継ぎをする旅客者が立ち往生をしたり落胆したりする恐れや、正確ではあるけれども収益性に欠けるスケジュールの間で、航空会社はちょうどいいバランスのスウィートスポットを達成する必要があります。オンタイム・パフォーマンスに重点を置き、常に高いレベルのパフォーマンスを維持する要因は、ちょうど良さがキー(鍵)かもしれません。

当社の最新の報告書「From Punctuality to loyalty: Turning On-time Performance To Your Advantage」では、KPIの基準としてのオンタイム・パフォーマンスの重要性や、ブランドの差別化を検討します。そして同時にグローバルに認識された航空会社や空港のOAG社によるオンタイム・パフォーマンス星評価プログラムを本日開始いたします。