メガハブ2019

2019/12/05 7:00:51 / by OAG

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)が、OAGのメガハブ接続指数において、3年連続世界で最も国際的に接続された空港としての地位を維持。

この指標は、空港のMCT (最短乗継時間) に密着した定期便間すべての接続を考慮しています。LHRでは、便が最も混雑する日に65,000以上の接続が可能で、メガハブ指数のスコアは1年前の水準をわずかに下回りますが、空港は競争をはるかに上回る実績を保っています。

フランクフルト国際空港(FRA)が今年の世界ランキングでワンランク上の2位に上がり、続いてシカゴ・オヘア(ORD)、アムステルダム(AMS)、ミュンヘン(MUC)などの順です。

Megahubs Graphics 1200x635-4

アジア太平洋地域で上位の国際ハブ空港は、シンガポール(SIN)、香港(HKG)、仁川(ICN)、バンコク(BKK)などでした。クアラルンプール(KLM)は格安航空会社(LCC)が世界で最も接続されたメガハブでした。

シカゴ・オヘアは4年連続で北米をリードし、世界で3番目に国際的に接続の多い空港で、今年の航空業界における最多忙日には、3時間以内に83,580の国内接続が可能で、前年比較2%増加という結果でした。

レポートをダウンロードして、全容をご覧ください。

レポートを読む

 

Topics: Megahubs

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

data-changing-flight-planning-image-2

HOW IS LATIN AMERICA IMPRESSING IN ON-TIME PERFORMANCE?

Find out more

data-powering-airports-image-2

WHY IS ASIA DOMINATING THE WORLD'S BUSIEST ROUTES?

Find out more

data-driving-traveltech-image-2

WHAT AIRPORTS AROUND THE GLOBE BOAST THE MOST NUMBER OF CONNECTIONS?

Find out more