メガハブ2019

2019/12/05 7:00:51 / by OAG

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)が、OAGのメガハブ接続指数において、3年連続世界で最も国際的に接続された空港としての地位を維持。

この指標は、空港のMCT (最短乗継時間) に密着した定期便間すべての接続を考慮しています。LHRでは、便が最も混雑する日に65,000以上の接続が可能で、メガハブ指数のスコアは1年前の水準をわずかに下回りますが、空港は競争をはるかに上回る実績を保っています。

フランクフルト国際空港(FRA)が今年の世界ランキングでワンランク上の2位に上がり、続いてシカゴ・オヘア(ORD)、アムステルダム(AMS)、ミュンヘン(MUC)などの順です。

Megahubs Graphics 1200x635-4

アジア太平洋地域で上位の国際ハブ空港は、シンガポール(SIN)、香港(HKG)、仁川(ICN)、バンコク(BKK)などでした。クアラルンプール(KLM)は格安航空会社(LCC)が世界で最も接続されたメガハブでした。

シカゴ・オヘアは4年連続で北米をリードし、世界で3番目に国際的に接続の多い空港で、今年の航空業界における最多忙日には、3時間以内に83,580の国内接続が可能で、前年比較2%増加という結果でした。

レポートをダウンロードして、全容をご覧ください。

レポートを読む

 

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...