OAGメガハブ指標2017がリリースされました!

2017/10/09 10:06:00 / by OAG

今年、メガハブ空港シリーズ2017年版は、国際線乗継数が世界最多の空港に注目しています。アジアパシフィックから16空港、北米からは15空港、ヨーロッパ、中東、アフリカから14空港、中南米からは5空港がランクインし、これまでのメガハブ空港シリーズで最も広域になりました。また、トップ50国際メガハブに加えトップ25低コストメガハブもご紹介します。


今年の国際メガハブ指標で目立ったのは、ヨーロッパ最大手の空港です。上位3位がいずれもヨーロッパの主要ハブ空港となりました。空港の目的地数に対する可能な国際線定期便接続数の割合は、ロンドンヒースロー空港(LHR)がトップとなりました。ヒースロー空港は、トップ50中、唯一イギリスの空港です。2位と3位は、フランクフルト(FRA)とアムステルダム(AMS)でした。アムステルダム(AMS)は、トップ25低コストメガハブでも17位にランクインしています。
世界最大手の2空港、アトランタ(ATL)とシカゴ(ORD)もトップ50に入り、それぞれ8位と4位でした。これらの空港キャパシティの80%以上が国内サービスである状況で、国際線の接続利便性がこのように高いことは、これらの空港の大規模な運航スケールの証となっています。
上位50空港のほぼ3分の1、16空港がアジアパシフィック最大手の空港となりました。シンガポール(SIN)はトップ50位中6位で、インドネシアのジャカルタ(CGK)がこれに僅差で続きます。シンガポール(SIN)はトップ25低コストメガハブ指標においても3位です。中国3大空港、北京(PEK)、上海(PVG)、広州(CAN)も、トップ50に入っています。
中南米における国際線接続が最も多い空港はメキシコシティ(MEX)で、トップ50メガハブランキング21位となりました。メキシコシティは低コストメガハブ指標でも10位に入っています。

メガハブ国際指標 2017ダウンロードして、国際線乗継が多い空港トップ50と、低コスト空港のトップ25をご覧ください。

 

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...