シンガポール:地域密着型空港

2017/07/12 1:00:00 / by OAG

引き続きアジアのハブ空港乗継性を検討していきます。次は香港に次いでアジアで2番目に大きい定期航空路線 のハブ空港、シンガポール・チャンギ空港を見てみまし ょう。シンガポールは重要な地域ハブとして意識的に組 み込まれてきました。これはこの都市国家の地理的条件 に拠るところが大きいと考えられます。

香港は中国の玄関口にあり、急速に拡大している中国人 の海外旅行需要を活用できるハブ戦略を必要としている 一方、シンガポールはその立地からまったく異なる機会 を与えられています。

歴史的に、シンガポールはヨーロッパとオーストラリアを結ぶ「カンガルールート」で旅する旅行者の中継地点でした。その役割は今も重要ではありますが、世界で最も人口の多い2ヵ国、インドとインドネシアの間にあり、シンガポールの便利な立地からすると、地域のハブとしての役割を強化していくという戦略を取ることが賢明なのは明らかです。地域の人気の観光地である。現在、オーストラリアは乗継トラフィックの出発国であり、シンガポールにおける最大の相手国として乗継予約のほぼ1/5を占めています。一方、インドネシアとインドは2番目に大きなマーケットです。

1.png

シンガポール・チャンギ空港で1年間に記 録された5,700万人の定期便旅客予約のう ち、26%に当たる1,500万人が同空港を乗 継の目的で利用していました。(この数 字には、他の統計情報には記録されてい るであろうノンレブおよび不定期路線の 乗客は含まれていません 。)シンガポール経由の乗継トラフィッ ク・フローのトップ20ペアの国々を見る と、カンガルールートが依然として重要 であり、 オーストラリア - イギリス間が2番目に 多い乗継トラフィック量であることが分 かります。オーストラリアはトップ20の 乗継フローのうち9つに名前が挙がってい ますが、イギリスを除き、すべてがアジ アへの旅行を目的とするものです。最大 の乗継フローは、オーストラリアとイン ド間であり、毎年100万人を超える乗継客 がいます。

2.png

このリストは、発展するチャンギ空港を中心とした地域が強力な乗継トラフィック・フローとして存在することを明確に示しています。この成功は、シンガポール航空グループが明確な戦略を持ってマーケットをセグメント化したことに起因しています。セグメントはシンガポール航空、シルクエアー、スクートシンガポール、タイガーエアシンガポールの4つのブランドが担当しています。

3.png

 

マーケット内において、この4つの航空 会社は全乗継客の80%を運んでいます。 インドとインドネシアのペアが地域内で 経済力を高める中、さらに多くの旅客 に対応できるよう計画しています。チャ ンギ空港はこの緊急を要する旅客ニーズ に応えるのに非常に有利な立地にありま す。

Topics: Asia

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

24 November 2022 Blog

Airline Profits: The Upside of Capacity Constraints | Aviation Market Analysis | OAG

This week global scheduled airline capacity – that is, the number of seats being flown by airlines around the world – remains only 85% of where it ...

11 November 2022 Webinar

Back to Black | OAG Webinar

Does Airline Capacity Growth Reflect Financial Performance? Our latest webinar, hosted by our experts, John Grant, OAG's Chief Analyst, Becca Rowland ...

22 September 2022 Podcast

OAG On Air: in conversation with Julian Roberts, President and CEO at Pascan Aviation

In this podcast, John Grant talks to Julian Roberts, President and CEO at Pascan Aviation - an independent regional carrier based in Quebec, Canada.  ...