ジャパンツーリズムの挑戦-成功を目指して

2018/11/14 10:04:10 / by OAG

数年で訪問者を約900万人増やすというのは、特に日本のような成熟した市場においては非常に野心的な目標です。

しかし、世界で最も急速に成長中の「ある市場」の近隣国であり、更にラグビーワールドカップと2020年にはオリンピックを開催予定である現在の日本の状況においては、実現できるかもしれません。

多くの国と比較して、国際線の日本へのアクセスは、いくつかの主要空港に限定されています。これが示唆するのは、空港の考え方の変化や空港民営化、ステークホルダーのサポート増大、そしてより自由化された視点により、新たな機会が生まれる可能性があるということです。

今後数年間で、日本に乗継する国際線デスティネーション数や定期便数の両方において、劇的な変化を遂げる可能性があります。航空会社が我先にとスクラムを組むものではないかもしれませんが、2020年までに、多くがこの絶好の機会にチャンスを見出すことが期待されています。


レポートをダウンロードして、日本の目標達成のための戦略の背景にある全統計データをご覧ください。

ダウンロード

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...