訪日旅行マーケットの最新動向 2020年2月発行

2020/02/21 8:00:43 / by OAG

 

韓国路線の大幅な減少や、コロナウイルス関連で激減している中国路線に悩まされる日本。オリンピックを目前に控え、今後の展開に注目が集まっています。
航空座席数、宿泊状況、入国流動などデータを基にしたファクターを把握し、地域ごとに戦略的に進めていく必要性に迫られています。

このレポートは株式会社JTB総合研究所www.tourism.jpと共同で、データによって可視化されたインバウンド市場のトレンドレポートの最新版です。

主要6市場(中国、韓国、台湾、香港、タイ、欧米豪)、及び国内11地域(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄)別にインバウンド市場の現状と今後の見通しをまとめたものです。

レポートを読む

Topics: Japan

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

data-changing-flight-planning-image-2

HOW AND WHEN WILL AVIATION RECOVER FROM COVID-19?

Find out more

data-powering-airports-image-2

LISTEN TO OUR LATEST on air AVIATION PODCAST

Find out more

data-driving-traveltech-image-2

HOW AIRLINES MANAGED SCHEDULES DURING COVID-19

Find out more