訪日旅行マーケットの最新動向 2020年2月発行

2020/02/21 8:00:43 / by OAG

 

韓国路線の大幅な減少や、コロナウイルス関連で激減している中国路線に悩まされる日本。オリンピックを目前に控え、今後の展開に注目が集まっています。
航空座席数、宿泊状況、入国流動などデータを基にしたファクターを把握し、地域ごとに戦略的に進めていく必要性に迫られています。

このレポートは株式会社JTB総合研究所www.tourism.jpと共同で、データによって可視化されたインバウンド市場のトレンドレポートの最新版です。

主要6市場(中国、韓国、台湾、香港、タイ、欧米豪)、及び国内11地域(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄)別にインバウンド市場の現状と今後の見通しをまとめたものです。

レポートを読む

Topics: Asia

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

27 June 2022 Blog

The Airbus A380 Gets Ready To Roll Out Again and Capacity Edges to 100 Million

This week’s airline capacity has settled at 99.9 million seats - so close and yet still not through the 100 million mark - will we get there next ...

15 June 2022 Webinar

Realizing Potential - Regions Reaching Recovery

Why smaller markets are already exceeding 2019 levels of air service. Our experts Becca Rowland, Partner Midas Aviation, John Grant, Chief Analyst at ...

28 June 2022 Podcast

On Air: in conversation with Brent Hill, CEO at Tourism Fiji

With the global recovery well underway it's noticeable how many destinations are adjusting their strategies and products to be more environmentally ...