ベイエリアの戦い

2019/01/29 10:09:48 / by OAG

中国南部「Greater Bay Area」における空港間の競争が激しさを増しています。ここは6空港がそれぞれ150km以内の距離にあり、このエリアを構成する11都市間を行き来する交通需要を巡り競合しています。人口6,800万人で、中国というよりはむしろ世界の富裕層が住むこのエリアで、もうゲームは始まっているのです。


香港国際空港はこの地域で最も有名な空港かもしれませんが、広州白雲空港が、少なくとも航空会社の総座席数という点でじわじわとその座をしのぎつつあります。そしてこの2大空港に挑むのは、深圳宝安国際空港です。深圳宝安国際空港は急速に進歩を遂げており、世界クラスの空港へとなりつつあります。

この地域の経済成長は大きく、住民による航空移動の需要は拡大し続けています。これが意味することは、この3空港がそれぞれ、市場成長と同じスピードで総座席数を増やし、新規航空サービスの開発に取り組んでいるということです。マカオ、珠海、恵州の比較的小規模な空港には、それぞれ独自のニッチな市場があるかもしれませんが、この地域には少なくとも他2空港が存在しているため、どの空港も現状に満足すべきではありません。

OAGの最新インサイトレポート「ベイエリアの戦い」では、この地域についての詳細、各空港の特徴の調査と比較をしてみました。更にこの地域の様々な地点の移動時間を短縮し、また中国への代替移動手段となった鉄道インフラプロジェクトや新設された道路による空港の集客エリアへの影響についても考察しています。

ダウンロード

OAG

Written by OAG

Subscribe to our blog

data-changing-flight-planning-image-2

HOW AND WHEN WILL AVIATION RECOVER FROM COVID-19?

Find out more

data-powering-airports-image-2

LISTEN TO OUR LATEST on air AVIATION PODCAST

Find out more

data-driving-traveltech-image-2

HOW AIRLINES MANAGED SCHEDULES DURING COVID-19

Find out more